HOME >
   

医療施設認定の案内

 

脳卒中センターに認定されました

 

 平成24年10月、長崎北徳洲会病院は「脳卒中センター」 として認定されました。脳卒中の患者様を常時受け入れる体制を整えており、専門のスタッフが対応いたします。   


脳卒中は、脳血管が詰まったり、破れて出血したりして脳にダメージを与える疾病であり、高い死亡率と、生涯にわたる重い障害を残す可能性の高い疾病です。発症直後の対応が重要であり、速やかに専門的な診断・治療ができる医療機関へ搬送する必要があります。そのため、脳卒中を疑われる患者の搬送先として、救急隊員、医療関係者、県民の皆様が適切に素早く選択できるようにするため、急性期の脳卒中医療に対応できる医療機関を脳卒中センターとして長崎県が認定します。
※脳の病気が疑われる際は、当院をお尋ね下さい。

 
  【脳卒中に係る医療機能】
 
区分 医療機関名  t-PA実施  脳血管外科手術  重傷合併症 
人工透析  心疾患  妊産婦 
地域  長崎北徳洲会病院  ○  ○  −  ○  − 
  ※t-PAとは、脳梗塞発症直後(3時間以内)に使用可能な血栓溶解療法に使用される薬
  <関連資料>
  長崎県のページより脳卒中センターについて