平成27年度 医療法人徳洲会 長崎北徳洲会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 12 31 24 59 73 112 201 325 122
当院は、救急告示病院・脳卒中センター認定病院として、長崎市北部から西彼杵郡・西彼地域等の広い地域からの救急搬入を受入れており、幅広い年齢層の患者様にご利用いただいております。特に脳卒中や骨折等の外傷、肺炎等の内科疾患が多く、60歳以上の患者様の占める割合が多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 54 17.15 14.34 1.85 73.63
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 37 14.46 12.6 5.41 82.38
030400xx99xxxx 前庭機能障害 27 4.19 5.31 0 67.63
近隣の老人保健施設等からの紹介も多く、肺炎や尿路感染症等の高齢者の患者様が多い傾向にあります。また、めまい等による救急搬入も多くなっています。
心療内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害 19 26.84 21.79 5.26 66.47
010250xxxxxxxx アルコール依存症候群 4 5.5 10.77 0 51.5
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 4 4.25 3.58 25 55.5
軽度精神疾患患者様の対応をさせていただいております。多量服薬、アルコール中毒による救急搬入を受入れております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 11 17.36 10.02 0 69.45
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 7 68.71 21.52 0 82.86
160980xx99x0xx 骨盤損傷 5 65.4 21.26 0 79.6
交通時事故や転倒等による外傷での救急搬入からの入院が多い傾向にあります。時間外で整形外科医や脳外科医が不在の場合でも当直の外科医で対応しております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 58 74.74 21.52 3.45 80.07
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 31 85.68 28.7 9.68 80.71
160980xx99x0xx 骨盤損傷 13 58 21.26 0 79.23
高齢者の胸腰椎圧迫骨折や股関節大腿近位骨折が多く、一般病棟による急性期から回復期リハビリテーション病棟まで一貫した治療を行っております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160790xxxxxxxx 手関節周辺開放骨折 1 80 11.15 0 59
長崎大学医学部附属病院より医師の応援をいただいております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 30 52.7 18.08 6.67 75.1
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 23 22.87 10.02 21.74 80.52
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 17 21.35 15.8 0 77.18
平成24年10月より脳卒中センターに認定され、救急搬入や近隣医療機関からの紹介患者様等を多く受入れています。緊急手術やt-PA治療も行っており、急性期治療から回復期リハビリテーション病棟まで一貫した治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 0 0 0 1 0 0 1 6
大腸癌 0 0 1 0 0 0 1 6
乳癌 0 0 0 0 0 0 1
肺癌 0 0 0 1 0 0 1 7
肝癌 0 0 0 2 0 1 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
悪性腫瘍の患者様に対する抗がん剤治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 7 6.86 45.43
重症度 1 6 36 73.83
重症度 2 14 14.93 83.64
重症度 3 7 23.43 82.57
重症度 4 3 16.67 82.67
重症度 5 1 9.00 80.00
不明 0 0 0
患者数が多いのは重症度2~3で 高齢者の患者様が多くなっています。重症度0の軽症は平均年齢が40歳代あるのに対して、重症度が上がると年齢も上がっており、高齢者は重症化する傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 6 6.33 76.5 0
その他 0 0 0 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 88 48.6 76.93 10
その他 2 46 66.5 0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 4 10.25 77 0
その他 0 0 0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 7 50 100
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 1 33 39 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
脳梗塞に対するtPA治療に加え、塞栓溶解術、脳動脈瘤に対するコイル塞栓術にも力をいれております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 3 38.67 109.33 0 85.67
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 2 18 20 0 80.5
K654 内視鏡的消化管止血術 2 9 26 0 87
胃瘻に関しては必要と認められる場合のみ造設しております。
心療内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K427 頬骨骨折観血的整復術 1 9 1 100 53
 通常は心療内科では手術は行いません。多量服薬による転倒にて顔面打撲・頬骨骨折した患者様が心療内科での入院だったためデータ上報告されています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 3 3 105.33 0 82.67
K654 内視鏡的消化管止血術 2 0 22 0 82
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6センチメートル以上) 1 1 14 0 96
消化管出血の患者様に対して内視鏡的消化管止血術を施行しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 31 2.26 82.42 9.68 80.71
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿) 4 1 8.5 0 63.5
K0462 骨折観血的手術(下腿) 3 2 94 0 56.33
外傷による救急搬入が多い為、下肢の骨折による緊急入院が多く、大腿骨や下腿骨の骨折観血的手術を施行しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭による) 15 4.53 24.73 20 81.6
K0461 骨折観血的手術(大腿) 3 3.33 83.33 0 86
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4センチメートル以上) 1 40 107 0 54
外傷に起因する慢性硬膜下血腫に対して緊急手術も多く対応しています。その他の脳血管手術等も実施していますが、DPC病棟以外で対応となっている為、このデータには反映されておりません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 0 0
180010 敗血症 同一 0 0
異なる 0 0
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 0 0
異なる 0 0
今年度の症例はありませんでした。
更新履歴
H28.09.20
H28.9.29